住まいづくりの流れ

多くの方の住まいづくりは、何もかもが初めての連続です。いつから住めるの?いつまでに何をすればいいの?
特に注文住宅は、全てがオーダーメイドの為、楽しい中にもスケジュール調整など、大変な事もございます。ここでは、住まいづくりのポイントもふまえて、家が完成するまでのストーリーをご紹介します。

興味さえあれば、即ご相談可能!

家・住まい作りに興味があれば、まずは、お気軽にご相談ください。住宅は高い買い物だからこそ、将来的な事だと考えている段階でも結構ですから、詳しい話を予め知っておくだけでも、後悔しない家づくりに繋がります。

私どもでは、お問い合わせ方法も、「お電話」「お問い合わせフォーム」「LINE」と、お客さまのご都合や生活スタイルに合わせ、お選びいただけますので、お気軽にご連絡ください。

また、お忙しくご都合がなかなか取れないお客様には、ウェブ上から、かんたんな情報を入力していただくだけで、しっかりご検討いただける3Dの立体図面や、お見積もりなど、インターネット上で、ご相談いただく事も可能です。

全てがオーダーメイド

ご相談をいただいて間もなく、新築住宅をご検討されているお客様とのヒアリングが始まります。お話の中でお客様を知ることで、お客さまの描く「理想の家」に、家づくりのプロが、見た目、機能、価格、その他、お客様にとって「暮らしやすい家」となるよう、一つ一つ組み立てて、本当の意味での「お客さまの住まい」をご提案させていただきます。我々がご提案する注文住宅は、お客さま固有のフルオーダーメイドです。

また、作業ツールとしましては、古典的な、紙の平面図だけではなく、打合わせの際もパソコンによる立体図面を用いて、まるでゲームの画面を見ている感覚で、細かな部分まで確認でき、変更等も、スピーディーに対応が可能です。

住宅の基礎は「土地」

家を建てると同時に必要になるのが、その家を建てる「土地」
既に、不動産をお持ちの方、同時に土地探しをという方、様々です。また現在、他に使用中の建物を解体する必要がある場合も、問題なく対応させていただきます。

安心して暮らせる住まいづくりは、住宅を建てる土台となる「土地」のしっかりした調査・対応が、不可欠です。
どんな自然災害にも耐える家でも、その下に強い土台が無ければ、簡単に傾いたり、倒壊する危険さえ出てまいります。
その為、場所によっては、 地盤の強度に応じた、改良工事など、充分にお客さまの暮らしを支えられる、安心な土台作りのご提案もさせて頂きます。

最終確認後「ご契約」

最終決定は、家づくりにおいては、本当に大きな決断の時です。この儀式を終えると、これまでお客様と机上で積み上げてきたプランの通り、工事がスタートしていきます。
また実際に建物を建設に入るに際しては、不慣れな各種届出や認可、そして住宅ローンなど、中にはタイミングも重要な事柄もございますので、何でもご相談ください。

工事期間の目安は4~5ヶ月

最終確認、ご契約を済ませ、いざ建設工事が着工しますと、標準的な場合で、工事期間の目安は、おおよそ4~5ヶ月となります。

その間、お客さまは、ただただ成長するわが子を見守るのみかと言えば、そうでもありません。実際、細かな部分も含め、工事が進めば、必ず小さな変更等のご相談も、頂戴する事は多々ございます。

いつでもご見学いただけますし、契約後であっても、可能な限り、お客さまのリクエストには、お応えしたいと考えておりますので、悩む前に、早めのご相談がベストです。

お引渡し

完成のご連絡を経て、クロスなどの汚れや、フローリングなどの小さな傷など、お客さまの最終確認を行い、お引渡しとなります。
もちろん、これで住宅を建てるプロセスについては、終了です。

その後は、実際に住まれている中で、家の健康チェックなど、サポート面でのお付き合いとなります。