家づくりの提案

家族との思い出は「家」との思い出

一戸建てを建てる方にとって

「持ち家は、一生に一度の大きな買い物」

お客さまと一度切りの大切なプロジェクトで、その想いを限られた敷地の中で、理想的なデザインのパースに認め、限られた時間の中で、最良のアイデアを出し、限られた予算の中で、全てを完成させる。

家は、住む方の個性と同じで、全く同じ家はありません。
これまで積み上げてきた経験を基に、お客さまの想いを最大限に引き出すためには、お客さまとのコミュニケーションが、最も大切であると考えます。

生活を守る「家」使いやすい「家」長く住める「家」

「家」にとって最も大切なのは、まず、生活を守る「家」。万が一の時に、大切な家族を守る「砦」としての役割があります。
次に、自分たちの理想の暮らしにとって、使いやすい「家」であること。
そして、将来的に家族構成の変化など、新たなニーズが加わった時にも、柔軟に対応可能な、長く住める「家」。

生活を守る「家」 使いやすい「家」 長く住める「家」

この3つの要素が叶えられる「家」が、住む人にとって、最も重要な要素ではないでしょうか。

2つの工法

重量鉄骨ラーメン構造
生活を守る「家」、使いやすい「家」、長く住める「家」。
この住宅にとって、最も重要な要素を叶える上で、私たちが辿りついた答えのひとつが「重量鉄骨ラーメン構造」の住宅です。

一般的には、ビルやマンションなど、大規模建築をイメージされるかもしれませんが、ビジネス建築における費用対効果の概念も、じつは、住宅と変わりません。

わが国で最もポピュラーな住宅建材である「木造建築」との大きな違いは、その建物の利用方法に対して、自由に内部レイアウトを変更できる点です。外柱だけで、建物に必要な強度を充分に得る事が出来る為、「重量鉄骨ラーメン構造」 は、住宅建築においても同様に、最も優れた工法といって良いでしょう。

「木造軸組み在来工法」
弊社では、一般的な、木造軸組み在来工法による、価格を抑えた住宅も、「平家」「二階建て」に特化して、ご提案させていただいています。

木造住宅は、大工の力量によって、仕上がりが大きく差が出る工法です。
長く建築業界に携わるからこそ、常に安定して一級の大工を確保できる自信が、ご提案できる理由と言っても過言ではありません。

また重量鉄骨と木造という、相反する工法のメリット・デメリットを、双方の建築に携わる事で、互いのデメリットを補う技術をフィードバックできる点からも、私たちは、2つの工法を、お客さまのニーズに合わせて、ご提案しています。

狭小地でも広い家が建つ

一般的に狭小地と呼ばれる場所においても、1階全てを駐車スペース、2階から3階、もしくは4階までを居住スペースという具合に、土地全体を縦に活用する事で、最低限として間口3.5メートルあれば、驚くほど快適な住環境を実現できます。