OSAMU

愛知県知事許可(般-2)第32608号

おかげさまで名古屋で54周年!ありがとうございます

総合建築株式会社 治産業

おかげさまで名古屋で53周年!ありがとうございます

総合建築株式会社 治産業

「住宅ローン」と上手に付き合うために

知って得する「マイホーム購入」のポイントを大公開!!

今日は住宅ローンについてお話します。住まいづくりの夢、実現に向けての資金計画はどうしていますか。 家づくりっていったいどれだけのお金がかかるの? マイホームの購入資金の調達方法は人それぞれですが、まず資金計画で、最も重要なのが「建築費の他に生活備品や税金等、諸費用など全部でいくらかかるのか」を知ること。基本生活についで大きな比重を占めるのが住宅費だと言われています。少なくとも9割以上方が住宅ローンを組むとのデータがあります。従って「よーし、現金で建てよう!」という人は1割にも満たないということになります。 では住宅ローンについて、何から考えたらいいのか・・・。 私どもに、ご相談いただくお客様に、最も多いご相談のパターンが 「いくらまでなら、借りられますか?」 という、漠然としたご質問をいただくことが多いのも事実。 各種メディアでも、こういう類の特集に多いキーワードが、 「無理の無い、返済計画」 この「無理の無い」という言葉の中身が最も気になりますけど、実際マイホーム購入者が、10人いれば、10通りの資金計画が存在します。実際に自分のケースについて、1つ1つ考えていかなければ、最終的に自分にあった資金計画なんて、立ちそうもありませんね。 私たち治産業では、マイホームを購入する際の資金計画を立てる際に、必ず確認しておきたいポイントを4項目に絞り、実際の資金計画を立てる際のガイドライン的なアドバイスを行っています。 至ってシンプルですが、どなたも購入に対して前向きに考えれるようになったと言われます。   住宅資金には、自分に合った返済計画を立て、定期的に見直すことが必要です。   【マイホーム購入の為の、確認事項4ポイント】
  • 現在、住宅への投資が可能な、預貯金
  • ご契約者の年齢
  • 現在の年収及び、将来的な年収の推移
  • 生活スタイル
大まかにこの4つのポイントから、マイホームを建てる際の購入者側の融資額、投資額が、おおよそ決まってくると思います。治産業は、ご家族様の生活スタイルや使い勝手をお聞きしながら、総額の資金を踏まえて、お客様それぞれにあったご提案をさせて頂きます。 住宅ローンの、簡単なシミュレーションもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
資料請求お問い合わせ ウェブクイックプランニング