OSAMU

愛知県知事許可(般-2)第32608号

おかげさまで名古屋で54周年!ありがとうございます

総合建築株式会社 治産業

おかげさまで名古屋で53周年!ありがとうございます

総合建築株式会社 治産業

間取りってどうやって考えたらいいの??

3月に入り、暖かい日が続いていたかと思えば、この2~3日は寒の戻りか、とても寒い日が続いていますね。 外を歩くと、風邪をひいているのか花粉症なのか、マスクをしている方が多く見られます。 私もブログを書きながら、くしゃみ!! 体調管理には気を付けたいです。   さて今日は、間取りプランについて書きたいと思います。 まずはどんな家が欲しいかイメージします。 思いつくままに書き留めるといいです。 一冊ノートを作り、「夢のマイホームノート」なんていう題名でもいいかもしれません。 構造が何がいいか? 鉄骨・木造・RC・・・ 外観デザインは?  洋風、和風、シンプル、ナチュラル・・・ 住宅設備は?    キッチン お風呂 トイレ 洗面・・・ 間取りや予算は? 外構は? など項目別に書いていってもいいですし、 パパ希望 ママ希望 子供希望 といったご家族別にご希望を書いてもいいですね。 もちろん住宅会社のプランニングデータなどを利用するのもいいです。   とにかく、できるだけたくさん書き留める方がいいです。順番などは気にしなくていいです。   書き留めた内容をじっくり読み返してみましょう。 最低でも3回。 3回以上読み直すと「ゆずれない部分」が見えてきます。 「ゆずれない部分」と「妥協できる部分」がわかり、優先順位ができます。 予算を考えた時「妥協できる部分」から変更したり、あるいは取りやめることもできるようになります。 「ゆずれない部分」を明確にすることが、プランの骨格となるでしょう。
資料請求お問い合わせ ウェブクイックプランニング