重量鉄骨の注文住宅は、名古屋のハウスメーカー治産業

ウォークインクローゼットに扉をつける?それともつけない?

12月に入りましたが、例年の12月よりも暖かいですね。

しかし、この週末から寒くなるそうなので、体調管理には気をつけましょう。

 

12月といえば大掃除。

嫌ですね~。

でも普段から整理整頓できていたら、大掃除が格段に早く終わると思いませんか。

まずは収納スペース、1か所ずつ場所を決めて整理していくといいかもしれませんよ。

 

新築を計画されているご家庭のほとんどでご要望頂く人気のクローゼットが、

まとめて収納できるウォークインクローゼット。

 

最近では、洗面室~ウォークインクローゼット~家事室(ランドリールーム)に

通り抜けできるように出入り口を複数設けるタイプも見られます。

 

家族の生活動線に合わせて配置できれば使い勝手もUPしますね。

 

では、ウォークインクローゼットには扉をつけた方が良いでしょうか?

 

廊下などに入口を設けるウォークインクローゼットには扉をつける場合がほとんどです。

寝室に併設するウォークインクローゼットには扉を付ける場合と付けない場合があります。

 

扉があると

・収納してあるものが見えないのでスッキリ。

・クローゼット建具を採用することで開口が広く取れる。

・お部屋(寝室)が仕切られるので、エアコンなど空調が効きやすい。

 

 

扉がないと

・出入りがラク。

・湿気がこもらず換気がよい。(臭いもこもらない)

・扉をつけない分予算をカットできる。

・扉のスペース分収納できる。

扉を付けない場合、壁で仕切るだけで両側から出入りできるようにしたりすると

ベッドからはウォークインクローゼットの存在を感じられないのでおしゃれな寝室に

なりますね。

壁の裏側にも棚を造りつければより収納力もUPします。

 

あれば便利なウォークインクローゼット。

生活スタイルに合わせて上手く使って頂きたいですね。

-3階建て, Information, インテリア・内装, ブログ, 建て替え, 新築, 注文住宅, 間取り