重量鉄骨の注文住宅は、名古屋のハウスメーカー治産業

嫌な結露よ、さようなら

今年もあと2週間をきりましたね。

ようやく12月らしい寒さになり、朝布団からでるのが嫌に

なりました。

冬になると寒さをしのぐために暖房器具の使用頻度が増え

ますよね。

室内の温度が上がるのは快適になり嬉しいですが、窓に結露

ができるのは困りますよね。

 

皆さんは、結露についてご存知ですか?

 

窓の結露は、冷えたコップに水滴がつくのと同じ原理です。

窓は外の空気の影響を受けて冷たくなりがち。暖かく湿った

室内の空気が冷たい窓に触れると、空気中に含まれる水蒸気が

水滴に変化してしまいます。

これが結露です。

 

結露のついた窓はなかなか綺麗に拭き取れないですし、下の方に

雫がたまりカビの原因にもなります。

一番簡単でお手軽な処理方法は断熱シートを貼る事です。

ですが、うまく貼れないと見た目も悪くなりますし、今までの光が

遮られるような感じにもなる場合があります。

結露自体が一過性のものですので、季節が終われば剥がすことは

出来ますがまた次に購入する必要があります。

 

根本的な結露対策をしたい方におススメなのが、窓自体を

リフォームする事です。

リフォームする事で良いポイントは…

1:結露が出なくなるので毎日のふき取り掃除が不要

2:断熱性、防音性を高める

3:部屋が暖かくなる

三協アルミのプラメイクという品は、後付内窓になりますので、

既存のサッシの内側に取り付けるタイプのものです。

施工時間や費用も抑えられ、気軽にリフォームできます。

お気軽にお問合せ下さい。

まだまだ寒さが続きます。

乾燥も気になりますが、暖房器具を使用する際には適度な換気も

忘れずにお過ごし下さい。

 

株式会社治産業

-Information, インテリア・内装, ブログ, リフォーム, 便利グッズ