OSAMU

愛知県知事許可(般-2)第32608号

おかげさまで名古屋で54周年!ありがとうございます

総合建築株式会社 治産業

おかげさまで名古屋で53周年!ありがとうございます

総合建築株式会社 治産業

鉄骨住宅の耐火被覆ってなんだろう?

10月ももうすぐ終わり。朝晩めっきり寒くなりましたね。 ちょっと油断してソファーでうたた寝してしまい喉が少しだけ痛いです。 風邪をひきやすい季節ですから、皆様も体調には気を付けてください。   さて、今回は耐火被覆工事についてお話したいと思います。 火災時の温度上昇を防ぐことを目的とし、骨組みを熱から守るために、耐火 断熱性の高い素材で 鉄骨の柱や梁などに被覆する工事のことです。 建築地が防火地域の場合、建物を耐火建築物にしなければなりません。 建物の階数や構造部ごとに耐火性能や時間、厚さを決定し、粒状の石綿を吹き付けていきます。 火災の際に鉄骨が熱により強度が下がることを防ぐ為の石綿を塗布しています 現場施工になりますので、施工中はまるで雪が降ったようになります。 火災の際に鉄骨が熱により強度が下がることを防ぐ為、このような石綿を吹き付けるんです 吹き付けた直後の様子です。 隙間なく綺麗に被覆していきます。   主にロックウールという素材からなりますが、安心してください。 アスベストは一切含んでおりません。 防火はもちろんですが、吸音用の塗壁材としても使用されるので、今施工させていただいている現場は賃貸住宅として 使用されるので、一石二鳥とも言えますね。   今でしたらちょうど被覆した様子がご覧いただけます。 見学をご希望の方はお気軽にお問合せください。
資料請求お問い合わせ ウェブクイックプランニング